小学生女の子へのホワイトデーのお返しは?金額は?意味にも注意?

75ed3a9a392b42c5c3c0ae6d647087f1_s

小学生の息子がバレンタインデーに、女の子から
チョコレートをもらって帰ってきたら、

そのチョコレートが、本命でも義理でも友チョコでも
うれしいものですよね。

女の子だって、嫌いな男の子にはチョコレートを
あげないでしょうからね。


でも、ホワイトデーのお返しのことを考えると、
喜んでばかりもいられません。

小学生の女の子へのホワイトデーのお返しは、
どうすれば良いのでしょうか?

スポンサードリンク
  

小学生女の子へのホワイトデーのお返しでおすすめは?

バレンタインデーにチョコレートをもらったら、
やっぱりホワイトデーのお返しは必要です。


とはいっても、小学生の女の子たちは、
「バレンタインにチョコレートを配ること」を
楽しんでいる子も多いです。

そのため、ホワイトデーにお返しを貰えるだけで
うれしいという子が多いです。

ですから、それほど悩む必要もありません。

お返しをするということが大切なのです。


小学生の女の子へのホワイトデーのお返しで、
一番おすすめなのは、お菓子です。


お菓子は市販のもので構いません。

お菓子を食べ終わった後に、入れ物が何かに
使えるといったものは喜ばれます。

また、個包装されたクッキーやキャンディー、
チョコレートなどを詰め合わせるだけでも構いません。

100円ショップなどの袋やリボンなどでラッピング
すればOKです。

余ったお菓子は、家族で食べられますしね。(笑)


お菓子以外には、文房具も人気。

かわいいペンや鉛筆、消しゴム、レターセットなどが、
無難で喜ばれることも多いです。


他には、キーホルダーやストラップといった小物類。

ただし、キャラクターものは、相手の好みがわかって
いる場合だけ。

相手の好きなキャラクターがわからない場合は、
避けましょう。


そして、小学生(低学年)のうちなら、お母さんの
手作りのものでもOKです。

手作りの巾着にお菓子を入れたり、シュシュなどの
小物など、普段使いできるものは、相手のお母さんにも
喜ばれます。

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しは小学生なら金額はいくら位?

小学生の女の子へのホワイトデーのお返しの金額は、

もらったものの同額程度、あるいは300~500円位

というのが、一般的に多く、相場と言えそうです。


もらったものの金額の2倍や3倍など、高額なお返しは、
相手の親に気を使わせてしまうことになるので、
気を付けましょう。

ホワイトデーのお返しの意味に注意

ホワイトデーのお返しとしておすすめのお菓子
ですが、それぞれに意味があると言われています。


私が子供の頃、周りでは、

マシュマロ・・・あなたが好き
キャンディ・・・あなたが嫌い

と言われていたり、

マシュマロ・・・あなたが嫌い
キャンディ・・・あなたが好き

と言われていたり、人によって違っていました。


最近、一般的に言われているのは、

マシュマロ・・・あなたが嫌い
クッキー・・・友達でいてください
キャンディ・・・あなたが好き
マカロン・・・特別な人
キャラメル・・・一緒にいると安心する
マドレーヌ・・・もっとあなたと仲良くなりたい

なんかいろいろ増えてますね。


お菓子以外には、

ハンカチ・・・別れ

なんてものもあるそうです。


それほど気にする必要はないのかもしれませんが
誤解を与えないためにも

バレンタインデーにもらったのが、本命チョコだった
場合には、お返し選びには気を付けた方が良いでしょう。


そして、息子さんがバレンタインデーに本命チョコを
もらってきたなら、ホワイトデーのお返しをどうするかは、
息子さんの意思に任せてくださいね。

本命チョコの場合には、相手の女の子との関係性で、
ホワイトデーにお返しをしないという選択もアリですよ。

まとめ

小学生の女の子は、ホワイトデーにお返しをするだけで
喜んでもらえることが多いです。

ですから、あまり難しく考える必要はありません。


お母さんがホワイトデーのお返しを一緒に考えられる
なんて、せいぜい小学生のうちだけでしょう。

必要なアドバイスをしてあげて、息子さんと一緒に
ホワイトデーのお返し選びを楽しみましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする