河津桜まつりの開花状況や見頃・開催期間など【2023年】

毎年2月~3月上旬にかけて伊豆河津町で行われる

河津桜まつり

せっかく河津桜を見に行くのであれば、きれいな状況で楽しみたいですよね。


そこで、河津桜の2023年の開花状況や見頃、
そして、開催期間に見所やおすすめコースなど

河津桜まつりについてご紹介します。

スポンサードリンク

河津桜まつりの開花状況や見頃 2023

河津桜まつり周辺の桜の開花状況は

2月21日現在
ほぼ全域で満開、見頃となっています。

河津桜まつりの期間 2023年は?

2023年は新型コロナウイルス感染症対策を行いながら開催だそうです。


【開催期間】

2023年2月1日(水)~2月28日(火) 3月5日(日)


【ライトアップ期間】

2023年2月1日(水)~

18:00~21:00


スポンサードリンク

河津桜まつりの見所

それでは、河津桜まつりの見所をいくつかご紹介していきます。

※イベントや屋台・出店等は変更、中止になる場合もあります。


【河津桜】

河津桜まつりの見所のメインとなるのはやっぱり河津桜。


河津川沿い約4kmに約850本
河津町内では、約8,000本も植えられています。


河津町には名木と呼ばれている河津桜が何本かありますが
中でも特に私がおすすめしたいのは「河津桜の原木」と「かじやの桜」。


「河津桜の原木」は、
伊豆だけではなく全国にある河津桜の元になっている木で、
高さ約10m、幅約10m、幹の周りは約115cmという大木です。

そして「かじやの桜」は、
河津町内で河津桜原木の次に大きな木で、
その形も良く、花を付けた姿はとても見事です。


【菜の花】

河津川沿いには、「菜の花ロード」があり、
河津桜と菜の花の美しさが一緒に楽しめるスポットとなっています。


【屋台・出店】

見所とはちょっと違いますが
地場産品やご当地グルメなどいろいろ楽しめます。

⇒ 河津桜まつり出店マップはこちら


【イベント】

河津桜まつりでは、

・逆川実りの会 つきたて餅配布
・ふるさと案内人と河津桜コースを歩こう(予約制)

など、いろいろなイベントも開催されます。

⇒ 詳細はこちら(河津桜まつり公式サイト)

河津桜まつりを手軽に楽しむおすすめコース

河津桜まつりを手軽に楽しむことができるおすすめのコースは、

河津駅
→ 河津川沿い桜並木
→ 菜の花ロード
→ (豊泉橋を右へ)
→ (河津町役場を右へ)
→ 河津桜原木
→ かじやの桜
→ 河津駅

(河津駅を起点・終点としていますがどこから回り始めても構いません。)


このコースの所要時間は、約1時間(見学時間を含めず)

先ほどご紹介した【河津桜】【菜の花】【屋台・出店】を効率的に楽しむことができます。


とはいえ、河津桜まつりは今回ご紹介したほかにも楽しめる場所があるので
時間や体力に応じて、コースを決めてみてくださいね。

足湯や温泉などもありますよ。

河津桜まつりへのアクセス



河津桜まつりへのアクセスは

【車の場合】

東名厚木ICから

→ 小田原厚木道路
→ 真鶴道路
→ 熱海ビーチライン
→ 国道135号線
→ 河津町
(約2時間30分)


新東名長泉沼津IC・東名沼津ICから

→ 伊豆縦貫道など
→ 伊豆中央道
→ 修善寺道路
→ 国道414号線
→ 河津町
(約1時間20分)

⇒ 伊豆河津桜に車で行くなら!渋滞を回避するには?駐車場営業時間や料金は?


【電車の場合】

東京方面から

東京駅→伊豆急行河津駅
特急「踊り子号」(乗り換えなし)約2時間40分

新幹線や在来線は熱海駅で乗り換え
JR伊東線 伊豆急下田行きに乗車となります。


⇒ 伊豆のイチゴ狩り 電車でいける送迎ありや駅近の農園2022-2023

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする