桜餅 関東風と関西風の違いとは?桜の葉は食べる?作り方の動画も紹介!




ひな祭りにも食べられる春の和菓子桜餅。

私は、桜餅というとクレープのような薄い皮で餡子を巻いた桜餅を思い浮かべますが

この桜餅は、関東風です。


桜餅には、関西風もありますので、
その違いや桜餅の葉っぱは食べるのか?を解説。

家庭でできる桜餅の作り方の動画も紹介します。

スポンサードリンク
  

桜餅 関東風と関西風の違い

桜餅の関東風とは、長命寺とも呼ばれるもの。

関西風とは、道明寺とも呼ばれるものです。


関東風の長命寺も、関西風の道明寺も、桜の葉の塩漬けで包まれていますが、
生地の材料が違うため、見た目からして違います。

関東風の桜餅=長命寺(ちょうめいじ)とは


桜餅 桜の和菓子 関東風さくら餅


桜餅の元祖と言われているのは長命寺です。

特徴は、

・小麦粉などの生地を薄く焼いた皮で餡を巻き、桜の葉で包んでいる。
・餡はこし餡。
・皮は二つ折り、円筒型、袱紗折りなどがある。
・桜の葉は1枚から3枚ほど使われる。


江戸時代の1717年(享保2年)、
隅田川沿いにある長命寺というお寺で門番を務めていた山本新六が、

桜の落葉掃除に悩んだ末、その葉を使った和菓子を作ろうと考え、
作った桜餅を長命寺の門前で販売したところ大人気となり、関東に定着したそうです。


関東風の桜餅・長命寺は、
おもに東北地方の太平洋側や秋田県、関東甲信地方、静岡県、島根県東部、鳥取県西部などで食べられています。

関西風の桜餅=道明寺(どうみょうじ)とは


全国的には、こちらの桜餅の方が一般的です。

特徴は、

・道明寺粉を蒸して餅を作り、その中に餡を入れ、桜の葉に包んでいる。
・餡はこし餡が多い。
・餅は玉状や扁平な形。


関東で発祥した桜餅が京都に伝わった際に、アレンジされて、
道明寺粉を使って作られるようになったと言われています。

道明寺粉とは、もち米を蒸して、乾燥させてから粗挽きにしたもの。

名前の由来は、
大阪にある道明寺というお寺で作られたところから来ています。


関東では、関東風の桜餅を「桜餅」、
関西風の桜餅を「道明寺」と呼びます。


ちなみに私は、関東風の桜餅・長命寺は好きですが、
関西風の桜餅・道明寺は苦手です。

桜餅の桜の葉は食べる?食べない?

桜餅といえば、巻いてある桜の葉を食べるか食べないか

という大きな問題がありますよね。(笑)


関東風の桜餅・長命寺の発案者山本新六を初代とする
「向島 長命寺桜もち 山本や」でも

桜の葉は食べるものか、食べないものか?

という問い合わせが一番多いのだとか。


いろいろなアンケートを見てみると、
桜の葉を食べる派の方が、若干多いようです。

また、あるアンケートでは、

20代以下では、食べない派が多く
30代以上では、食べる派が多い

という結果になったそうです。


「向島 長命寺桜もち 山本や」によると、

「もちろん正解はありません。
食べ物はやはりそれぞれのお好みで召し上るのがなによりだと思いますが、
当店では、桜葉をはずしてお召し上りいただくことをお勧めいたします。」

だそうです。
(「長命寺桜もち 山本や」ホームページより)


ちなみに、私の周りでは、桜の葉は食べない派が多数です。

私も桜の葉は食べません。

桜餅の作り方動画を紹介

家庭でもできる桜餅の作り方動画をご紹介します。

関東風の桜餅・長命寺の作り方

用意するもの

・小麦粉(薄力粉)
・白玉粉
・砂糖
・水
・桜葉
・こし餡


作り方

1. 桜葉をお湯で洗い、水気を切る
2. こし餡を丸める
3. 小麦粉をふるいにかける
4. 白玉粉に水を少し加えて混ぜ、ダマを潰す
5. 4 に砂糖を入れて混ぜる
6. 5 に小麦粉と水を入れて混ぜる
7. ホットプレートを熱して、油をひく
8. ホットプレートにお玉などで生地を落とし、
  小判形に伸ばす
9. 火が通ったら裏返す
10. サッと乾かす程度に焼く
11. 焼き上がった生地を冷ます
12. こし餡を生地で巻く
13. 桜葉を巻いて完成

関西風の桜餅・道明寺の作り方

用意するもの

・道明寺粉
・熱湯
・砂糖
・食紅
・桜葉
・こし餡


作り方

1. 熱湯、砂糖、食紅を混ぜる
2. 1 に道明寺粉を入れて、よく混ぜたら、
  ラップをして置いておく
3. こし餡を丸める
4. 置いておいた道明寺を混ぜる
5. 混ぜた道明寺をレンジで加熱し、再び置いておく
6. 桜葉をお湯で洗い、水気を切る
7. 出来上がった道明寺を軽く揉む
8. 道明寺を丸める
9. 道明寺でこしあんを包む
10. こし餡を包んだ道明寺を桜葉で包んで完成


⇒ 老舗あんこ屋 桜餅手作りセットの通販

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする