アイスに賞味期限がないなら1年前のものでも大丈夫?冷凍食品の場合は?




アイスには賞味期限がない

と言われますが、なぜなのでしょうか?


そして、賞味期限がないなら1年前に買ったアイスでも
食べて大丈夫ってこと?

また、アイスに賞味期限がないのに冷凍食品には
賞味期限があるのはなぜ?


そんな、私と同じ疑問を持った方のために、
解説したいと思います。

スポンサードリンク

アイスには賞味期限がないのはなぜ?

アイスのパッケージには、ほとんどの場合
賞味期限が記載されていません。

これは、アイスには賞味期限がないというよりも
賞味期限の記載をしなくても良いということなのです。


アイスは、

厚生労働省の「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」や
農林水産省の「加工食品品質表示基準」の規定で、

「アイスクリーム類にあっては、期限及びその保存方法を
省略することができる」となっています。


アイスクリーム類は冷凍で保存するのが当たり前。

そして、-18度以下できちんと冷凍保存されていれば、
微生物は増殖しません。

アイスは、温度管理さえしっかり行えば、
品質の劣化が極めて少ない食品なのです。


また、アイスは常温に置かれるなどした場合、
溶けてしまうなど、外観に変化が見られます。

逆に、外観に変化が見られなければ、正常であると
判断することができます。


これらの理由から、アイスの賞味期限の記載は
省略されているのです。


ちなみに、大手菓子メーカーの森永の公式サイトでは、

「アイスクリーム類は、冷凍(-18℃以下)で保存されていれば
細菌の繁殖がなく安全であり、保管期間に関係なく
品質が劣化しないため、非常に安定している食品です。

しかし、逆に保存状態が悪いと、製造年月日に関係なく
品質が変化している場合があり、

賞味期限や製造年月日を記載することで、
却ってご迷惑をお掛けする可能性があることを考慮し
記載は免除させていただいております。」

となっています。


スポンサードリンク

アイスに賞味期限がないなら1年前のものでも大丈夫?

我が家では、夏でもアイスを毎日食べるわけではないので、
以前はアイスが食べたくなったら、お店で購入していました。

それが近年では、宅配でまとめ買いするようになっています。

そうすると、食べ切れなくて、次の夏に持ち越し
なんてことがあるわけです。


そんな、1年前に購入したアイスは食べても大丈夫なのでしょうか?


アイスには賞味期限がなく、温度管理さえしっかり行われていれば、
保管期間によって品質が劣化することがない

と先ほどご説明しました。


大切なのは、保管期間ではなく、温度管理です。

温度管理さえしっかり行われていれば、1年前でも数年前の
アイスでも大丈夫なのです。


ただ、家庭にある一般的な冷蔵庫の冷凍庫の場合、
その温度管理が難しいことが多いです。

冷凍庫にたくさんものを入れていたり、
扉の開閉でも庫内の温度はかなり変化します。


そうすると、アイスの表面が一旦溶けて、再凍結することも。


アイスのパッケージの表面に、霜がたくさん付いていたり、
食べた時に、滑らかさがなくシャリシャリしていたり、
風味が変わっていたり・・・

そんな状態の時には、
アイスが一旦溶けて、再凍結した可能性があります。

体には影響はありませんが、アイスを美味しく食べるためには、
やっぱり早めに食べるのがおすすめです。

アイスに賞味期限がないのに冷凍食品にあるのはなぜ?

アイスに賞味期限がないということを知った時に、
私は思ったわけです。

同じように冷凍で販売されているのに、
なぜ、アイスに賞味期限がないのに冷凍食品にはあるの?と。


で、調べてみたところ

冷凍食品は、温度管理をしっかり行っていても、
使用されている油の酸化(劣化)が進んでしまう。

また、アイスのように温度による外観の変化が見られないため、
保管時に常温などになっても、販売時に低温になっていれば、
購入者にはわからない。

といった理由から、冷凍食品には賞味期限が付けられている
ということでした。

あとがき

涼しくなると、アイスを食べなくなる我が家。

そんな我が家の冷凍庫には、今年も昨年の夏に購入したアイスが
入っています。

まあ、毎年のことなので、特に気にすることもなく
食べてしまいますが・・・


アイスに賞味期限はありませんが、食べ物ですから
なるべく早く食べた方が美味しいのは間違いないのでしょうね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする