自転車の台風対策いろいろ!倒しておく?倒れない方法は?




夏から秋にかけてやってくる台風。

その強風によって倒される自転車の映像をニュースなどで見たり、
実際に目の当たりにすることもありますよね。

強風によって倒された自転車は、修理が必要な状態になってしまうことも。


そこで、自分の自転車がそんなことにならないために、
台風から自転車を守る対策をご紹介していきます。

スポンサードリンク

自転車の台風対策!

自転車の台風対策の一番のおすすめは、
ガレージなどの室内に入れることです。


まあ、当然と言えば当然です。
室内なら、強風や大雨から自転車を守れますからね。


でも、
「そんなことはわかっているけど、それができないから苦労しているんだ」
という方がほとんどだと思います。


では、屋外でできる自転車の台風対策には
どんなものがあるのでしょうか?

台風のとき自転車は倒しておく?


スポンサードリンク

強風で倒される前に、あらかじめ自分で自転車を倒しておく
というのもおすすめの方法です。


汚れや多少のキズが付くこともありますが、
強風で倒されるよりも、ダメージはかなり少なく済みます。


汚れが気になる場合には、台風が過ぎた後、
水道水をかけて、スポンジなどで軽く擦って汚れを落としましょう。

必要な箇所に油をかけると、さらに良いですが、
油をかけるべき場所と、かけてはいけない場所がわからない方は
水洗いだけでもOKです。


ただ、自転車を倒しておくという方法は、

スペースが無かったり、
新しい自転車の場合には抵抗があるかもしれませんね。

自転車が台風で倒れないようにする方法

では、自転車が台風で倒れないようにする方法をご紹介します。

自転車カバーは外す

自転車カバーを付けていれば、雨から守ることはできますが、
風を受ける面積が大きくなるため、強風により倒れやすくなります。

自転車というのは外で使うもの。雨に濡れても問題ありません。

もちろん、電動アシスト自転車も同じです。


また、自転車カバーが飛ばされると、
思わぬ危険や損害を与えてしまうこともあるので、
強風の時には、自転車から外し、きちんとしまっておきましょう。

ハンドルロックが付いている自転車の場合

ハンドルロックが付いている自転車の場合、
子供を乗せたり降ろしたりするような時にはロックをしますが、

普段止めておく時に車輪を真っ直ぐにしてロックをかけておくと
倒れやすくなります。

止めておく時には、ハンドルロックを外し、
ハンドルを左右どちらかに向けておきましょう。

自転車を固定する

自転車を固定できる物があるなら、固定してしまうのがおすすめです。


フェンスや柱、木などに、紐やチェーンなどを使って固定すれば、
滅多なことでは倒れません。


他に、自転車スタンドやサイクルブロックといった
自転車の前輪を挟んで自転車を固定するものを使う
という方法もあります。


中には、30㎏程の重量があるものもあり、
自転車をしっかり固定しておけば、かなり倒れにくくなりますよ。


【駐車場用品 自転車 スタンド】 DEX-CYCLE-SET1 Dex サイクルブロック 1個セット サイクルスタンド 【送料無料】

あとがき

台風の強風で自転車が倒れたり、飛ばされたりした場合、
自分の自転車がキズ付くだけならまだ良いですが、

他人の自転車、バイク、車、家などをキズ付けてしまったり、
人をケガさせてしまう可能性もあります。

もし、そんなことになってしまっては大変です。

自転車を止める場所の周りの状況などもよく考えて、
出来るだけの対策をしておくようにしましょうね。

⇒ 台風への窓ガラス対策いろいろ!補強する方法は?窓を開けるのはどう?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする