引っ越しの挨拶の品物でおすすめは?金額の相場は?のしはどうする?

202100


引っ越しをすると、周りは知らない方ばかり。

まずは自分の存在を知ってもらう必要があります。

円滑なご近所付き合いにも繋がりますし、災害時や
万が一のトラブルの時に、助け合うことができる
かもしれません。


そのためには、やっぱり最初の挨拶は肝心です。

もちろん、手ぶらで行くわけにはいきません。

そこで、引越しの挨拶の時に持参する品物について、
ご紹介しますので、参考にしてみてください。

スポンサードリンク
  

引っ越しの挨拶の品物でおすすめは?

やっぱり、邪魔になったり、必要ないものは、
もらってもうれしくありません。

そこで、引っ越しの挨拶に持参する品物で、
おすすめなのは、日用品などの消耗品です。


具体的には、

・食器用洗剤や洗濯洗剤
・ラップやアルミホイルなど
・無地のタオルやハンドタオルなど


洗剤などは好みがあるからという方もいますが、
それを言ってしまうと、ラップでもタオルでも
ティッシュでも、何にでも人それぞれの好みはあります。

それでも、上に挙げた日用品なら、好みから外れて
いても、使ってもらえる場合が多いのでおすすめです。


日用品の中では、ゴミ袋というのも意外と人気。

自治体で指定のゴミ袋(有料)がある場合には、
結構よろこばれているようです。


他には、最近ではクオカードなどのプリペイドカードや
商品券も人気です。

スポンサードリンク

ただし、プリペイドカードや商品券などは、年配の方の
場合、あまりよく思われない方もいるようです。


また、贈り物の定番のお菓子ですが、個人的な意見では
良いと思うのですが、

中には「知らない他人から食べ物をもらうのは怖い」
という方もいるようなので、避けた方が無難です。

引っ越しの挨拶の品物の金額の相場

金額の相場は、

一般的なご近所さんには、500~1,000円位

その場所に長く住むことがわかっていて、より丁寧に
挨拶したい場合には、1,000~1,500円位

賃貸物件への引越しで、大家さんや管理人の方などに
挨拶が必要な場合には、1,000~2,000円位

というのが一般的です。

あまり高いものは、相手に気を使わせてしまいますよ。

引っ越しの挨拶の品物にのしはどうする?

引っ越しは一般的に慶事とされているので、挨拶で
持参する品物には、のしをつけるのがマナーです。

この場合ののしは、包装紙の上からかける「外のし」
となります。


水引は「白赤の蝶結び」のものを使い、表書きの
上段に「御挨拶」、下段に「名字」を書いてください。

のしは、自分の名前を知ってもらう名刺代わりとなるので、
名前(名字)を入れるのが基本となります。


ちなみに、引っ越し先(新居)の挨拶の品物につける
のしには「御挨拶」、

現在住んでいる場所での挨拶の品物には「粗品」や
「御礼」と書きます。


表書きを書く筆記用具は、ボールペンなどではなく、
毛筆(筆ペン)となります。

上手くなくても良いので、丁寧に書くようにしましょう。

まとめ

ここで紹介したように、引っ越しの挨拶の品物については、
一般的な基本はありますが、地域などにより違いがある
場合も。

ですから、迷ったら不動産屋さんや、その地域のギフト
ショップなどで、相談してみるのも一つの方法ですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする