雛人形一覧

雛人形や五月人形の処分方法は?買取してもらえる?供養は必要?

お子様のためにお節句に飾ってきた雛人形や五月人形 ですが、お子様が大きくなったなどの様々な事情から 処分を検討することもありますよね。 でも、いざ処分しようとすると、どうすれば良いのか 悩んでしまうものです。 そこで、雛人形や五月人形にはどんな処分方法があるのか ご紹介します。

雛人形の収納は防虫剤にも注意!洋服用でもOK?乾燥剤と併用する時は?

雛人形を収納する時に、防虫剤や乾燥剤を使用する方は 多いと思います。 ただ、この防虫剤や乾燥剤って、何も気にせずに雛人形を 収納する時に、一緒に入れてしまって良いのでしょうか? 大切なお雛様を来年以降も美しいまま飾れるように、 防虫剤や乾燥剤について、知っておきましょう。

雛人形の収納場所はどこが良い?コンパクトにするには?ダンボールにしまっても良い?

ひな祭りにかかせない雛人形は 華やかで見た目でも楽しませてくれます。 しかし、そんな雛人形もひな祭りが終わって片付ける 段階になると、悩みの種になってしまうことも。 どこに収納すれば良いのか、もっとコンパクトに収納 できないものか・・・ そんなお悩みを持つ方は、参考にしてみてください。

雛人形はいつから飾るもの?いつまで?何歳まで?

3月3日はひな祭り ですが、その日を迎える前に雛人形を飾らなくては いけません。 我が家では、雛人形を飾るのは、2月の半ば過ぎ、 片付けるのは、3月3日が過ぎてから 何となく、暖かい日とか天気の良い日などを選んで 行うのですが・・・ 「雛人形はいつからいつまで飾るもの?」 「雛人形は何歳まで飾るもの?」 本当のところは、どうなのでしょうか?

雛人形は二人目も必要?長女と次女で共有する?それぞれに買う?

3月3日といえば、女の子のお節句ひな祭り。 ひな祭りに欠かせないものといえば、 雛人形ですよね。 そんな雛人形ですが、二人目の女の子が生まれて 初節句を迎える時にも、新たに購入する必要が あるのでしょうか? 雛人形は、 「ふりかかる災厄の身代わりになってくれるもの なので、一人に一つずつ必要」 なんてことも言われますが・・・

雛人形の購入は誰が?価格の相場は?ポイント(選び方)は?

女の子の赤ちゃんが生まれてから初めて迎える 3月3日のひな祭り。 そんなおめでたい初節句に向けて雛人形を購入 しようとしているけれど・・・ 「雛人形の購入って誰がするもの?」 「雛人形の価格の相場はどのくらい?」 「雛人形を購入する時のポイントは?」 そんな気になる点について、解説しますので、 参考にしてみてください。