端午の節句(子供の日)一覧

菖蒲湯の作り方や入り方、洗濯に残り湯は使える?

菖蒲湯とは、5月5日の端午の節句(こどもの日)に、 菖蒲をお風呂に入れて入る風習です。 菖蒲の葉には、アロマセラピー効果があり、 その香りにより、リラックスでき、気分を落ち着かせることができます。 また、菖蒲の茎や根に含まれる成分により血行促進や保温効果、 神経痛や肩こり、腰痛を和らげたりするなどの効果も期待できるのです。 そんな良いことたくさんの菖蒲湯の作り方や入り方の注意点とは? さらに、残り湯は洗濯に使えるのかをご説明しますので、参考にしてみてくださいね。

初節句に男のお祝いは何をする?五月人形や兜はいつから飾る?いつまで飾る?

初節句というと男の子の場合は、5月5日の端午の節句。 長男の場合、初節句は生まれた男の子だけでなく、 お母さんやお父さんにとっても初めてのこと。 わからないことも多いと思います。 そこで、 初節句は何をすればいいのか? 兜、鎧などの五月人形や鯉のぼりは、いつから出して、 いつまで飾るものなのか? についてご説明します。

初節句の兜は誰が買うもの?お下がりでも良い?どこで買うのが良い?

今年初節句を迎える男の子を持つ親御さんは、 兜(五月人形)の購入で悩まれているのではないでしょうか? そこで、初節句の兜(五月人形)について、 誰が買うものなのか、 旦那さんなどのお下がりでも良いのか、 どこで買うのが良いのか という部分についてご説明していきます。

初節句 お祝いのお返しは両親に必要?親戚へは?時期はいつ?

初節句は地域などにもよりますが多くの場合、 女の子なら、3月3日の桃の節句 男の子なら、5月5日の端午の節句 ですね。 初節句を迎えられる方は、おめでとうございます。 でも、初めて行うことはわからないこともいっぱい ですよね。 ここでは、初節句にいただいたお祝いのお返しについて 両親や親戚に対してどうすれば良いのか? お祝いのお返しをする時期はいつなのか? について、ご説明しますので参考にしてみてください。