Firefox57からWaterfoxに移行したのでレビューなど




Firefoxが57にバージョンアップして、
レガシーアドオン(旧式アドオン)が使えなくなってしまいましたね。

Firefox2の頃から長年使ってきた私としては、(途中他のブラウザを使ったりもしましたが)
アドオンで設定した見た目や使い勝手が変わると使いにくい。

Firefox57は私にとってメリットはなく、使い勝手が変わるというデメリットしかないため
Firefoxの派生ブラウザであるWaterfoxに移行することにしました。

⇒ Waterfoxのインストール・日本語化・検索バーにYahoo!JAPANを加える方法

スポンサードリンク

Firefox57からWaterfoxに移行

最近では、Firefox56をメインブラウザにし、
時々「Pale Moon」と「Chrome」を使用していました。


「Pale Moon」もFirefoxの派生ブラウザで、Firefoxと同じように使用できるのですが、
アドオンの一部が使用できなかったり、
バージョンアップすると英語に戻ってしまうので、その都度日本語化したりといったデメリットが。


Firefoxの派生ブラウザというと「Cyberfox」も有名で、Firefoxより軽くて好きだったのですが
2018年6月にサポート終了予定。

Firefoxの延長サポート版「Firefox ESR」も
レガシーアドオンが使用できるのは、2018年6月まで。


いろいろ検討した結果、最近ではレビューでの評判も良く、
レガシーアドオンの対応を継続することを表明しているWaterfoxに移行することにしました。


スポンサードリンク

Waterfoxをレビュー

Waterfoxは、日本語にも対応している64bit専用のブラウザです。

初期設定では英語ですが、日本語化ファイルなどは必要とせず、
設定で変更することができます。

プロファイルが別なので、Firefoxと共存したい場合も設定なしでできます。


見た目や使い勝手は、Firefox56と変わりません。

Waterfoxを使い始めてから2週間ほど経ちますが、
私が使用しているアドオンはそのまま使えていますし、
その他にも、問題はありません。


速度や動作(タブを開く・閉じるなど)も
私が使用している限りでは、Firefox56との違いはほとんど感じません。

ただ、数時間使用している時には、Firefox56よりもWaterfoxの方が
動作が軽いような気がします。


ということで、今のところ新しいFirefoxは全く使う気が無いけれど、
Firefox56のまま使い続けるのはセキュリティ的に心配な私は
今回の移行には、今のところ満足しています。


ただし、インストール時にはちょっとした苦労も(それほどでもないですが)。


Waterfoxは、インストール時にFirefoxの設定を移行できるのですが、
私の場合、インストール後レガシーアドオンを有効にすることができませんでした。

なので、自分でFirefoxのプロファイルをWaterfoxのプロファイルに移行してみましたが、
表示が崩れるなどして、こちらの方法もダメでした。


なので、一度Waterfoxをアンインストールして、インストールし直しました。

その時には、Firefoxの設定を引き継がない設定にしてインストール。

インストール後に、自分でプロファイルを移行してみましたが、
やっぱりレガシーアドオンを有効にすることができませんでした。

もしかしたら、一度Firefox57で使ったプロファイルは、
上手く移行できないのかもしれません。(私のパソコンだけかもしれませんが)


結局、再度インストールし直して、アドオンを入れ直しました。

最後に

FirefoxからWaterfoxに移行して、とくに違いや違和感を感じることもなく、
これまで通りインターネットが使えているので、移行して良かったです。

私の場合、インストールでちょっと躓いてしまいましたが、
その辺りは使用しているパソコンの状況で違うかもしれませんので、
ブラウザの移行を検討しているなら、試してみてはいかがでしょうか。

⇒ Waterfoxのインストール・日本語化・検索バーにYahoo!JAPANを加える方法

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする