結婚式の靴 女性のマナーはパンプス?色や素材は何を選べばいい?




結婚式にお呼ばれして参列する時、
女性としてはやっぱりおしゃれをしていきたい。

それは、服装だけではなく、靴も同じ。

ただ、服もそうですが、靴を選ぶときにも
NGな格好にならないように、マナーを気にしなければなりませんね。


でも、マナーって専門家でも一般人でも、人によって言うことが違って
どれが正解なのか、わからなかったりしませんか?


そこで、いろいろな方の意見を踏まえ、
女性が結婚式にお呼ばれした時の靴について

種類、色、素材などのおすすめをご提案しますので、
参考にしてみてください。

スポンサードリンク

結婚式の靴で女性のマナー的におすすめとNGは?

結婚式にお呼ばれして参列する時、
女性が履く靴で、マナー的におすすめなのは、

つま先も踵も隠れるパンプスです。


逆にNGなのは、
サンダル、ミュール、ブーツ、ブーティー、ウエッジソールの靴など。

これらはカジュアルに分類されるので、
結婚式のようなフォーマルの場には、ふさわしくありません。


また、オープントゥも避けた方が無難です。

最近では、オープントゥくらいなら良いという考えも多く、
実際にオープントゥで結婚式に出席する方も多いです。

しかし、カジュアルなのでNGという考えも多いです。

また、つま先が出るのは、
“妻が先に(籍から)出る”→“離婚や妻が先に死ぬことを表す”
なんてことを言う方までいるようです。


パンプスは、つま先と踵が隠れていれば、ストラップがあってもOKです。

ただ、バックストラップのものは、おすすめできません。

最近では、つま先が隠れていればOKと言われることもありますが
NGと思う方も多いので、避けた方が無難です。


そして、パンプスのヒールは、

3cm以上、5cm以上、7cm以上と言われたり
高さに決まりは無いと言われたり・・・

ただし、ヒールの無いパンプスは、
カジュアルに見えるので、フォーマルな場ではNG。


なので、

ヒールを履き慣れているなら、高さのあるパンプスを、
履き慣れていなければ、無理をせずに3~5cm位の高さで良いでしょう。

また、妊婦さんやお身体に事情のある方は
ヒールの無い靴で大丈夫ですよ。


あと、ヒールは太さにも気を付けてくださいね。

あまり太いものはカジュアルになるため、
細めのものを選ぶようにしましょう。

また、ヒール部分が木目のものや、ストームが厚いものもNGです。


スポンサードリンク

結婚式のパンプスの色選び

結婚式の靴の色には、本来NGな色はありません。

黒や赤でも問題ありません。

服では花嫁の色としてNGの白も、靴ではOKとされています。


ただし、白は花嫁の色なので靴でもNGと捉えている方もいるので、
出来れば避けた方が良いでしょう。


そして、バイカラー(2色使い)も避けた方が無難です。

バイカラーはマナー違反ではありませんが、
“2色に分かれていることから別れを連想させる”
という方もいるからです。

また、黒と白のバイカラーは、
“お葬式を連想させる”という方もいます。


他に、靴の色選びで気を付けたいのは、多色使いの靴。

多色使いは、カジュアルな印象になるのでNGです。

結婚式のパンプスの素材でおすすめは?

女性が結婚式にお呼ばれして参列する時の靴は、
つま先も踵も隠れるパンプスがおすすめ。


その素材は、シルク、サテンなどの布製がおすすめです。

ただし、同じ布でも、ニット、ツイード、麻などはNGです。


そして、革製のパンプスもスムースはOK。

革などの素材は、殺生を連想させるので結婚式ではNG
ということも言われるようですが、靴はOKというのが一般的です。


そもそも、“殺生を連想させるのでNG”というのは、
弔事のマナーを勘違いして広まっているのだとか。
(お寺や教会の方、マナーの先生に聞いた話です)

結婚式(披露宴)の食事には、お肉も魚も出ますしね。


ただし、エナメルやスエードは
本来はOKなのですが、

エナメルは、安っぽいと思う方もいますし、
スエードは、カジュアルと捉える方もいるので、
出来れば避けた方が無難でしょう。

念の為に言っておきますが、ヘビ革やワニ革、柄物などはNGです。


ちなみに、ラインストーンやビジューといった輝きのある装飾は、
目立たない部分に少し付いているくらいはOKですが、
目立って派手に見えるものは避けるようにしましょう。

あとがき

結婚式に限らずマナーって難しいですよね。

正しいマナーを守っていても、周りの方がそれを知らなければ
マナー違反と思われることも。

なので、個人的には、必ずしも正しいマナーを守っていれば良い
というものではないと思います。

周りの方に不快な思いをさせないこともマナーの一つ。

ですから、無難な選択をするのが良いと思いますよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする