お墓参りのお花の種類は何が良い?バラはダメ?造花は有り?


お墓参りに行く時には、お供えするためのお花を持って行きますね。


でも、自分でお花を用意するとなると
どんな種類のお花にすれば良いのか迷ってしまうことも。

自分の家のお墓ならまだしも、
初めて行く親戚のお墓やご主人の実家のお墓などになると、
お花選びも慎重になってしまいますよね。


そこで

・お墓参りのお花の種類は何が良い?
・お墓参りのお花にバラはダメ?
・お墓参りのお花に造花は有り?

について、ご説明していきますので、
お花選びの参考にしてみてください。

スポンサードリンク

お墓参りのお花の種類は何が良い?

お墓参りの時にお供えするお花というと
菊をイメージする方は多いと思います。


菊は、

・邪気を払う効果があるとされている
・お花が長持ちする
・枯れた後に散らかり難い
・伝統的に供えられてきた

などの理由から、お墓に供えるお花の定番となっています。


しかし、実はお墓に供えるお花に決まりごとはないのです。

生花店の方によると、
以前は、お供えのお花には菊を入れるのが当たり前だったそうですが、

最近では、老若男女問わず、菊を避ける方も多く、
いろいろなお花が購入されるそうです。


ちなみに、菊の他に、お墓に供えるお花としては、
カーネーション、キンセンカ、アイリス、リンドウ、スターチス、
グラジオラス、ケイトウ、ユリなどがよく使用されます。


そして、お花の色にも、これといった決まりごとはありません。

白や紫のお花を供えることが多い法事などと違い、
お墓には華やかな色のお花をお供えしてもOKです。


よく使われる色の組み合わせは、

・白、赤、黄、紫の4色
・白、赤、黄、紫、ピンクの5色
・白、黄、紫の3色

となっています。


ただし、亡くなられてから日が浅い方のお墓参りの場合には、
白を基調とした淡い色のお花をお供えするのが良いでしょう。


もし、お墓参りの時、どんな種類のお花を用意すれば良いか迷ったら、
お花屋さんに相談するのも一つの方法です。

また、お花屋さんにはお供え用のお花が用意されていることも多いので、
そういった花束を利用すれば、悩む必要はないでしょう。

⇒ お供え用のお花を見てみる

お墓参りのお花にバラはダメ?

先ほども言いましたが、お墓に供えるお花に決まりごとはありません。

大切なのは、故人を思う気持ちです。


スポンサードリンク


故人がバラが好きだったのなら、バラをお供えしても構いません。
(トゲのあるお花を供える時には、トゲは取り除いてくださいね。)

故人が好きだったお花があるなら、そのお花を供えてあげましょう。


ただし、

・トゲがある(バラやアザミなど)
・香りがきつい(ユリなど)
・毒がある(スイセン、彼岸花など)
・ツルがある(アサガオ、クレマチスなど)
・花ごと落ちる(ツバキ、ボタンなど)

こういったお花は、避けた方が良いと言われることもあり、
お墓に供えると非常識と捉える方も多くいるので注意が必要です。

お墓参りのお花に造花は有り?

暑い時期だと1日でダメになってしまう生花と違い、
造花ならきれいな状態を長持ちさせることができますね。


ただ、「お墓に造花をお供えするなんて非常識」と思われる方もいます。


しかし、お墓参りに供えるお花は、生花でなくてはいけない
というわけではありません。

造花をお供えしても構いません。


関東など生花をお供えする方が多い地域がある一方で
九州地方など造花をお供えする方が多い地域もあります。

九州地方は暑い地域のため、生花をお供えしても1日で枯れてしまうため
造花をお供えする方が多いのだそうです。


その他にも、立地条件や様々な理由から生花を禁止していたり、
お線香をあげることを禁止しているところもあるとか。


このように、地域、お寺、墓地によって
しきたりや慣習が違うこともあるので、事前に確認するのが良いでしょう。


⇒ お供え用の造花を見てみる

まとめ

お墓にお供えするお花に決まりごとはありません。

しかし、地域や家庭、そしてお寺や墓地によっても
しきたりや慣習に違いがある場合があります。

また、人の考え方もそれぞれです。

特に、年配の方はしきたりや慣習を重んじる方が多いようです。


ですから、事前にご家族やお墓を管理している方などと
どんなお花をお供えしたらよいか相談するのが良いでしょう。

そして、相談することができない場合には、
そのお墓をお参りする他の方に不快な思いをさせないためにも
普通の仏花を持参するのが良いと思いますよ。


⇒ 花束を長持ちさせる方法いろいろ!砂糖や10円玉などは有効?

⇒ お彼岸のお墓参りはいつが良い?行けないときは?時間は午前中が良い?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする