台風への窓ガラス対策いろいろ!補強する方法は?窓を開けるのはどう?


台風が来ると、外は激しい雨や強い風にみまわれます。

そんな時、家の窓ガラスが割れてしまったら

家の中にも、雨や風が吹き込み
大変なことになってしまいますよね。


そこで、家の窓ガラスが割れないように、
もし割れてしまっても、できるだけ被害を出さないために

台風から窓ガラスを守るための対策をいろいろご紹介します。

スポンサードリンク

台風への窓ガラス対策

台風で窓ガラスが割れる原因には、

・強風によって湾曲したガラスがひずみに耐えられなくなる
・飛んで来たモノがガラスにぶつかる

ということが挙げられます。


ただ、風の力だけでガラスが割れるというのは、
風速が30m/s以上というかなりの強風の場合です。

窓ガラスが割れる原因のほとんどは
風に飛ばされてきたモノがガラスに当たることによって起こります。

飛ばされてきた雨に濡れた洗濯物などで、
窓ガラスが割れてしまうこともあるそうですよ。


窓ガラスを台風の強風から守るためには、
窓ガラスを覆ってしまうのが一番。

雨戸やシャッターが付いていたら、しっかり閉めておきましょう。


雨戸やシャッターが付いていない窓の場合には、
板などを打ちつけて、外側から窓全体を覆ってしまう
というのも一つの方法です。

その際には、板が飛ばされないようにしっかりと固定してください。


しかし、板などを外側から打ち付ける方法は、
出来ない場合が多い(ほとんど?)ですよね。

台風のとき窓ガラスを補強する方法


スポンサードリンク

窓に雨戸やシャッターが付いていないなど、
外側から窓を覆うことができない場合には、
内側から窓ガラスの補強等の対策を行いましょう。


まずは、鍵をしっかり掛けること。

サッシは鍵を掛けることで、100%の耐風圧性能を出すことができます。

また、鍵を掛けておかないと、引き違い窓でも
強風によって窓が開いてしまうこともありますよ。


窓に鍵を掛けたら、窓ガラスの内側に
テープを米印になるように貼って、窓ガラスを補強します。

窓ガラスにテープを貼ることで、
窓ガラスが割れた時の飛散防止にもなります。


この時、養生テープがあると便利です。


養生用テープ[マスキングテープ]

養生テープを使うと、後で剥がすときに剥がしやすくなります。

ガムテープを使う場合には、紙製よりも布製の方が剥がしやすいです。


テープで窓ガラスを補強した後、
ダンボール等を窓全体を覆うように貼りつけておくと、
さらに安心です。

ダンボール等窓全体を覆うモノがない場合には、
カーテンを閉めて、下の端をテープ等でしっかり止めておきましょう。


また、可能であれば
ガラス飛散防止フィルムや防犯フィルムを窓ガラスに貼るのがおすすめ。

台風の度に、窓ガラスをテープで補強するのは面倒ですし、
窓ガラスの補強、飛散防止ともに
テープを貼るよりも、フィルムを貼る方が効果が高いです。


ガラスに貼るフィルムは、防犯フィルムがおすすめ。

空き巣等の窓から侵入してくる犯罪者への防犯対策もできますからね。

ただし、賃貸住宅の場合には、フィルムを貼る前に
管理会社や大家さんに確認しておきましょう。

台風のとき窓を開けると

台風の時、あまりの強風に窓ガラスが割れてしまいそうなので、
窓を開けてしまえば、風圧がかからなくなって割れないのでは?

と、考えたことはありませんか?


しかし、台風の強風の中、窓を開けるのは大変危険です。


家の中のものが吹き飛んだり、

窓から入った大量の空気が行き場を失い、天井を押し上げて、
屋根が吹き飛んでしまうことだってあるのです。


上の方でもお伝えしましたが、強風で窓ガラスが割れるのは、
風圧によることよりも、飛んで来たモノがぶつかることがほとんど。

なので、台風で強風が吹いている時には
窓はしっかりと閉めておきましょう。

窓ガラス対策は家の周りにも注意

何度も言いますが、強風で窓ガラスが割れるのは、
飛んで来たモノがぶつかることがほとんど。

なので、家の周りやベランダなどに置いてある
植木鉢、バケツ、物干し竿、自転車など

風に飛ばされる恐れのあるモノは、
出来るだけ家の中に入れてください。

そして、大きいモノや重いモノなど、家の中に入れられないモノは
紐などで固定し、物干し台は倒しておくのが良いでしょう。


また、雨戸やシャッターが無い場合には、
網戸の点検もお忘れなく。

網戸が外れやすい場合には、
飛ばされる前にあらかじめ外しておくと安心です。


モノが飛ばされてしまうと、周りの家や人に迷惑をかける場合もあるので
しっかりと対策をしておきましょう。

最後に

窓ガラスを補強したり、しっかり対策をしても
予期せぬことが起こることも有り得ます。

可能ならば、台風の間は窓に近づかないようにして、
寝る時もできるだけ離れて寝るようにしましょう。

⇒ 自転車の台風対策いろいろ!倒しておく?倒れない方法は?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする