シュトーレンの発祥、名前の由来とは?美味しいお店もご紹介

%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3

ここ数年で知名度をグングン上げてきたクリスマスの食べ物、シュトーレン。

私もこの数年は、毎年食べています。


とはいっても、
シュトーレンのことをよく知らない方もまだまだたくさんいると思います。

そこで、シュトーレンとは、どんな食べ物なのか、
発祥や名前の由来をご紹介するとともに、

私が実際に食べて、美味しいと思ったシュトーレンのお店もご紹介します。

スポンサードリンク
  

シュトーレンの発祥とは?

シュトーレンとは、
ブランデーやラム酒などに浸けたドライフルーツとナッツを、
たっぷりのバターと一緒に練り込んで焼いたパンのこと。

ドイツでは、クリスマスの約1ヶ月前から、
少しずつスライスして食べる習慣があり、
パンというよりお菓子やケーキといった感覚のようです。


シュトーレンの発祥は、諸説あるようですが、
ドイツのザクセン州のドレスデンだと言われています。

文献に残された最初の記述は、1329年のこと。

ナウムブルグという街の司教に、クリスマスの贈り物として、
「シュトーレンという名の細長い小麦パン」が献上されたと記されているそうです。

当時はカトリックの教義によって、
クリスマス前のアドベント(待降節・降臨節)の期間中は、
パンやお菓子にバター、牛乳、卵などを使うことを禁止されていたので、
小麦粉、酵母、水だけで作られていたとか。


そして1730年、軍事パレードの宴のために、重さ1.8tというシュトーレンが
ドレスデンのマイスターや職人たちによって作られたそうです。

これが現在のシュトーレンの原型と言われていて、
その後、宮廷の菓子職人がドライフルーツやナッツなどを加えて、
現在のシュトーレンになったと言われています。


日本でのシュトーレンの発祥は、1969年のこと。

福岡の千鳥饅頭総本舗が、日本で初めて製造、販売をしたそうです。

シュトーレンの名前の由来は?

日本では「シュトーレン」と言われることも多いですが、
ドイツ語の発音としては、「シュトレン」が一般的とのこと。


名前の由来も諸説あるようです。

一つは、ドイツ語「stollen」が、坑道や柱を表すそうで
シュトーレンの断面の形状から名付けられたという説。

もう一つは、むつき(オムツ、赤ちゃんを包む布)からきているという説。

ドイツ語の方言からきていて、
シュトーレンの形がキリスト生誕の物語に出てくる
むつきに包まれた子供を連想させたということです。

スポンサードリンク

シュトーレンの美味しいお店(美味しかったお店)

私が実際に食べて美味しいと思ったお店をご紹介します。


まずは、横浜市青葉区美しが丘にある「ベルグの4月」というお店。

ベルグの4月のシュトーレンは、ナッツが多めなのが特徴。
日持ちは約3週間。

とっても美味しい上に、大きさも価格もお手頃で、
大変気に入ってリピートしていました。


そして、たまには違うシュトーレンも食べてみようと昨年購入したのが、
オーセントホテル小樽というお店。

オーセントホテル小樽は、
1999年からシュトーレンを製造、販売していて、
楽天でランキング1位になったシュトーレンです。


オーセントホテル小樽のシュトーレンは、1ヶ月間熟成させてあるので、
届けられてすぐに食べても、美味しく食べることができますが、

食べ頃は、表面の砂糖がじわじわ溶けてから。
甘さが馴染んで、まろやかになるそうです。

でも、私は美味しさのあまり、この食べ頃を待てずにすぐに食べ切ってしまいました。

あとがき

ここ数年の私のクリスマスは、もちろんケーキも食べますが、
シュトーレンも欠かせないものになっています。

今年は、どこのお店のシュトーレンを食べようか。

昨年食べ頃を待てずに食べ切ってしまったオーセントホテル小樽か、
それともリピートしていたベルグの4月か

それとも、さらに美味しいシュトーレンを求めるか・・・


シュトーレンをまだ食べたことがない方も、今年はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする