一人暮らしで帰省する時の注意!冷蔵庫は?ゴミはどうする?



一人暮らしの場合、帰省をするとなると、
長期間不在にすることになりますね。

でも、慣れないうちは家を長く空けることを
不安に思うこともあるでしょう。

そこで、一人暮らしの方が帰省する場合に注意したいことを
ご紹介していきます。


なお、ここでは防犯対策以外についての注意点をご紹介しますので、
防犯対策の注意点については、

⇒ “こちらの記事”でご確認ください。

スポンサードリンク

一人暮らしで帰省する時の注意

帰省などで長期間留守にすると、
帰ってきた時に、カビや臭い、虫の発生に悩まされることも。


カビや害虫は、汚れや水気があるところを好みます。

ですから、水回りには特に注意が必要です。


キッチン、お風呂、トイレ、洗面所などは、
しっかりと掃除をしておいてください。

キッチンの三角コーナー、排水口のゴミも忘れずに捨てて
きれいにしておきましょうね。

掃除をした後は、できるだけ水気を残さないように
乾燥させてください。

ポットや、やかんなどの中身も空にしておきましょう。


また、排水口の下には水が溜まるようになっていて、
臭いや害虫の侵入を防いでいますが、

長期間使用しないと水が蒸発し、臭いや害虫の侵入経路にもなりますので、
長期間留守にする場合には、蓋をしておいた方が良いですよ。


部屋の換気は、1ヶ月位の留守であれば、しなくても大丈夫、
換気扇は回さなくてもいいでしょう。

最近の住宅に義務付けられている24時間換気システムなら別ですが、
台所の換気扇を1ヶ所回したくらいでは、空気は動きません。

むしろ、1日中回っている換気扇の音で近所迷惑になったり、
換気扇が故障したりというリスクもあります。

湿気が気になる場合には、
除湿剤を部屋の中にたくさん置いておけばOKです。


また、ガスや水道の元栓は閉めておきましょう。

電気のブレーカーは落とさなくても構いません。


ただし、必要のない電化製品のコードはコンセントから
抜いておいてください。

エアコンのコンセントも抜いてしまいましょう。
タイマーを切り忘れる方も多いようですよ。


その他にも、タイマーを利用しているものは注意しましょう。

誰もいない部屋で、目覚まし時計が鳴り続けて近所迷惑に、
なんてことがないようにしてくださいね。


スポンサードリンク

一人暮らしで帰省する時に冷蔵庫はどうする?

冷蔵庫は、コンセントを抜かずに電源を入れたままに
しておくのがおすすめです。

電気代のことを考えて、冷蔵庫をOFFにするという方もいますが、
常温になった冷蔵庫は、規定の温度まで冷やすために
余計に電気を使います。

また、留守中は扉の開け閉めが無いので、消費電力は少ないです。

そのため、1ヶ月程度ならばコンセントを抜かないほうが経済的な場合も。


そんなことよりも、冷蔵庫の庫内は冷えているおかげで
カビやバクテリアの繁殖を抑えていますが、
常温になると一気に繁殖してしまいます。

もし、冷蔵庫の電源を落としたいのであれば、
冷蔵庫を空にし、しっかりと掃除をして、きれいにしなければなりません。

また、冷凍庫の霜が溶けて、庫内や冷蔵庫の周りが水浸しになる
という場合もありますよ。


電気のブレーカーを落としたい場合には、
冷蔵庫がつながっている所以外のブレーカーだけ落としましょう。

すべてのブレーカーを落としたいのであれば、
徹底的に冷蔵庫を掃除してくださいね。

⇒ 冷蔵庫庫内の掃除の方法!外側や下は?臭い対策のおすすめは?


冷蔵庫の電源を入れておけば、
封が開いている食品やお米などを入れておくことも可能です。

封が開いている食品やお米は、出しっぱなしにすると
虫が湧いたりすることもありますからね。

ただし、日持ちのしないものは処分し、
冷蔵庫の中身は、できるだけ少なくしておきましょう。

一人暮らしで帰省する時はゴミにも注意

生ゴミなど水分のあるゴミは、臭いやカビ、虫の発生の原因に
なりかねないので部屋に残さないようにしましょう。

ベランダや玄関脇など、部屋の外へ置いておくのもダメですよ。

カラスに荒らされたり、時期によっては虫を呼び寄せたりして、
周りのお宅に迷惑をかけて、トラブルになる恐れもありますからね。


帰省する時までに捨てられないゴミは、
ビニール袋などに入れて、冷凍庫で凍らすのがおすすめです。

ただ、一旦ゴミ箱に入れたものを、冷凍庫に入れるとなると、
抵抗があると思うので、ゴミ箱に入れずに
すぐに冷凍庫に入れてしまいましょう。


そして、実家にゴミを持って行くというのも一つの方法です。

ただし、途中のコンビニなどのゴミ箱に捨てるのは、
もの凄く迷惑なので、絶対にやめてください。


また、なるべくゴミを出さない工夫をするのもおすすめです。

例えば、帰省前の買い物はすぐに必要なものだけにするとか、
食事は外食やお弁当にするとか・・・

出来る範囲で考えてみると良いでしょう。

まとめ

帰省などで長期不在にするときには、
出かける前に、できるだけ清潔にしておくことが必要です。


そして、出かける時は余裕を持って行動するようにしてください。

慌てていると、

出がけにゴミを捨てるつもりだったけれど忘れたとか、
出がけに飲んでいた飲み物をテーブルの上に置きっ放しに

なんてことも多くなります。


また、電化製品にも注意。

タイマーの切り忘れや
スリープ状態のパソコンの電源を切り忘れる

なんてこともありえますよ。


あらかじめ、帰省する前にやることの一覧表を作っておいて、
一つずつチェックしていくのが、おすすめです。

⇒ 一人暮らしで帰省する時の注意!カーテンは閉める?防犯対策について

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする