母の日のカーネーションの花言葉は?色での違いは?本数に決まりや意味は?




母の日のプレゼントとして定番の花といえばカーネーション。

そのカーネーションにも花言葉があります。


そして、カーネーションの花言葉は、花の色によっても
変わってきます。

何気なく贈ったカーネーションでも、贈られた方が
花言葉を知っていたら、気まずい雰囲気になってしまうことも
あるかもしれません。

ましてやそれがお義母さんだったら・・・


母の日のプレゼントにカーネーションを贈ろうと思っている方は、
今一度、花言葉を確認しておきましょう。

スポンサードリンク

母の日のカーネーションの花言葉は?

カーネーション全般の花言葉は、
「無垢で深い愛」「女性の愛情」などです。

母の日にぴったりな花言葉ですね。


ちなみに、花言葉は明治初期頃にヨーロッパから日本に伝わって
来たものです。

日本での花言葉は、言い伝えや花に関係する方たちが考えたものが
基となっていて、国や地域、時代によっても変化するすることも
あるんですよ。

母の日のカーネーションは色ごとに花言葉がある!

母の日のカーネーションの定番で、一番人気の色は、
赤ですよね。

赤いカーネーションの花言葉は、
「母への愛」「母の愛」「純粋な愛」「真実の愛」など。

いろんな色があるカーネーションの中でも、
赤は最もお母さんへの思いが込められています。


ただし、同じ赤でも濃い赤の花言葉は、
「私の心に哀しみを」。

赤いカーネーションと言っても、色の明るさで
意味合いが違ってしまうので、気を付けましょう。


赤いカーネーションと同じくお母さんへの思いが込められていて、
母の日にぴったりなのはピンク。

その花言葉は、
「感謝の心」「あたたかい心」「美しい仕草」「気品」などです。


緑のカーネーションの花言葉は、
「癒し」「純粋な愛情」など。

普段癒しをくれるお母さんにはぴったりかもしれません。


最近では、紫や青いカーネーションもありますね。

その花言葉は、

紫が、「気品」「誇り」など。
青が、「永遠の幸福」などとなっています。


スポンサードリンク

そして、母の日のプレゼントにカーネーションを贈る時に
注意したい色は、

オレンジ、黄色、白の3色です。


オレンジの花言葉は、
「情熱」「熱烈な愛」「清らかな慕情」など。

愛にあふれた言葉が並んでいて、お母さんへというよりも
恋人へ贈るのにぴったりといった感じですね。


黄色の花言葉は、
「軽蔑」「嫉妬」など。

きれいな色ではありますが、花言葉を見ると
母の日にはそぐわないですね。


白いカーネーションは、
亡くなったお母さんに贈る色と言われています。

最近では、そのことを知らない方も多いようです。

花言葉は、
「亡き母を偲ぶ」「私の愛情は生きている」「尊敬」

場合によっては、シャレにならないのでご注意を!

母の日のカーネーションは本数に決まりや意味はあるの?

プレゼントする本数によっても、花言葉や意味があるお花もあります。

有名なところでは、バラの花がそうですね。

1本では「一目惚れ」
3本で「告白」
99本だと「永遠の愛」


では、カーネーションの場合はどうかというと、

カーネーションには、本数による花言葉や意味はありません。

また、母の日にプレゼントする場合の本数にも、
決まりはありませんので、安心してください。

まとめ

母の日にプレゼントするカーネーションには、
花言葉がいろいろあります。

その花言葉に、ご自身の気持ちを込めるのも
いいかもしれませんね。


ただ、花言葉は一つではないので、
しっかりと気持ちを伝えるためにも(勘違いされないためにも)
メッセージカードを付けるのがおすすめです。


※カーネーション以外の母の日に人気の花は、
こちらの記事で紹介しています。



父の日の花の定番、人気。フラワーギフトでちょっと変わったものが
気になる方は、こちらの記事をどうぞ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする