小学校入学祝いの相場は姪や甥ならいくら?何がいい?時期はいつ頃?

64579585a6504244812268c7b4b4f5c2_s


この春小学校に入学する姪っ子や甥っ子。

そのかわいい姪っ子や甥っ子のために、入学祝いをあげたい

と思っても、いくらくらいの金額で、どんなものをあげたら
いいのか迷ってしまいますよね。

私も姪っ子が小学校へ入学する時にお祝いで悩みました。


ということで、姪っ子や甥っ子への入学祝いの相場と
渡すものは何がいいのか、おすすめをご紹介するとともに、

渡す時期についてもご案内しますので、参考にしてみて
くださいね。

スポンサードリンク

小学校入学祝いの相場は姪や甥ならいくら?

小学校入学祝いを姪っ子や甥っ子に贈る場合の相場は、

10,000円

と、一般的に言われています。

ただし、あげる方が20代であれば、働き出してから
まだそれほど経ってないということで、5,000円でも
構いません。


基本的に収入のない子供へのお祝いは、お返しが必要
ないものとなっています。

入学祝いもその一つです。

ですから、入学祝いをあまり高額にしてしまうと、
その子供の親に気を使わせてしまいます。


過去に自分のお子さんに入学祝いをいただいたことが
ある場合には、同じ金額を渡せばいいでしょう。

また、地域の習慣やご家庭やご親族間で独自の取り決めが
ある場合もあるので、ご家族の方に確認して、金額を
決めるのがおすすめです。


ちなみに、
小学校以外の姪っ子や甥っ子への入学祝いの相場は、

中学校が、10,000円
高校が、10,000~30,000円
大学・短大・専門学校が、10,000~30,000円

となっていますが、

小学校から大学まで、入学祝いは一律10,000円という
ご家庭も多いです。

小学校入学祝いは何がいい?

姪っ子や甥っ子への入学祝いは、現金を贈る方が多い
ですが、品物を贈るという方も少なくありません。

また、現金+品物という方もいます。


お祝いを現金で贈れば簡単ですが、現金以外で贈りたい
と考えると、何がいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、おすすめをいくつがご紹介しますので、
参考にしてみてください。


スポンサードリンク

現金に近いですが、人気で無難なのは、
図書カード、クオカード、商品券などです。

現金と同じく、相手の方が好きなものを選べますからね。


品物だと、文房具は入学祝いの定番の品物の一つです。

鉛筆や消しゴム、ノートなどの消耗品はよろこばれます。
とくに名前入りの鉛筆は重宝するようです。

鉛筆削りも結構人気があります。

ただし、文房具は学校指定のものがある場合もあるので、
できれば相手に確認してから選ぶのが良いでしょう。


そして、毎日使うようなものもよろこばれます。

ハンカチやハンドタオル、ティッシュケースなど。

洋服や靴下、靴なども、いくつあっても良いものなので
よろこんでもらえます。

ただし、サイズが合わなかったり、好みを外すとガッカリ
されるので、本人と一緒に選ぶようにしましょうね。


また、リュックも人気です。

小学校に入ると、遠足、校外学習、塾通いなど、
いろいろ使い道がありますからね。


その他には、図鑑、水筒、傘なども人気です。


なお、子供への贈り物だからと、キャラクターものを
選ぶ方も多いですが、

キャラクターものは、それぞれの好みがありますし、
流行により、長く使えないこともあるので、

相手から希望がない限りは避けましょう。

小学校入学祝いを贈る時期はいつごろ?

小学校に限らずですが、入学祝いを贈る時期は、
入学式の2~3週間前までを目安としてください。


ただし、遠方に住んでいるなど、いろいろな事情で
会う機会が少ないため、お正月などに集まった時に渡す
という場合もあるようです。


そして、もし入学祝いを渡しそびれたまま、入学式が
過ぎてしまっても大丈夫です。

お祝いしたい気持ちがあるなら、入学式後でも構わない
ので、早めに渡してあげてくださいね。

まとめ

小学校入学祝いを姪っ子や甥っ子に贈る場合、
一般的な相場というものはありますが、

地域の習慣やご家庭やご親族間で独自の取り決めが
ある場合もあるため、

ご家族に確認して取り決め等があった場合には、
そちらを優先するのが良いでしょう。


また、贈る品物を何がいいのか迷ったら、親しい身内の
ことですから、希望を聞いてしまうのが一番ですよ。

お祝いの品物は、重複する場合も多いですからね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする