トイレ暖房用の薄型電気パネルヒーターを購入【我が家のおすすめ】

2016-12-02_231109

冬のトイレって寒いですよね。

便座にヒーターは付いていてもそれだけだと身体は寒い。

我が家では、トイレに薄型のパネルヒーターを置いているのですが、
先日突然つかなくなってしまいました。


やっぱりトイレに暖房がないと寒くて・・・

そこで、新しい暖房を購入することにしました。

スポンサードリンク
  

購入したのは、エスケイジャパンの
電気ミニパネルヒーター SKJ-KT33P というもの。


SKJ-KT33P SKジャパン ミニパネルヒーター


どんな製品かというと

幅 47cm、高さ 32.5cm、奥行 12cm、重さ 約2.3㎏

消費電力 320W
説明書によると電気代1時間当たり 約8.6円
(温度調節最大の場合)

温度調節ダイヤル付き
室温に応じてON・OFFするサーモスタット付き

床置きと壁掛けの2wayで使用可能

安全、安心の日本製です。




実は、この商品を購入するのは、2回目となります。

まあ、それだけ気に入っているということです。


一番初めにトイレに暖房器具を入れたのは、かなり前のこと。

トイレをリフォームしたときに、コンセントを付けてから。


最初は、一般的な電気ストーブを使用していました。

こんな感じの

(ちなみにこちらは、現在我が家の脱衣場で使用しているのと同商品です。)


しかし、

すぐには暖まらない。
とはいえ、つけっぱなしにはできない。

トイレが狭いので、前に置くと足のすね辺りだけが熱い。

と、デメリットだらけでした。


そんな時に、家電量販店で
サンヨー R-P326-Yという薄型電気パネルヒーターを見つけて購入。

温度調節ダイヤル付きで
室温に応じてON・OFFするサーモスタット付き。


我が家には高齢の両親もいて、日中もほとんど家に人がいるので、
寒い時期はつけっぱなし。

我が家の狭いトイレでは、
温度調整を最大にして使用することはありません。

それでも、トイレをいつも暖かい状態に保つことができます。

また、床に置いた時の奥行きが12cmと薄型なのも
我が家の狭いトイレにぴったり。

ということで、気に入って使っていたのですが、
約3年前に電源が入らなくなってしまいました。

スポンサードリンク

そこで、同じような商品を通販で探していたところ、

エスケイジャパンの
電気ミニパネルヒーター SKJ-KT33Pを見つけて購入しました。

それまで使っていたサンヨーの電気ミニパネルヒーターと
幅、高さ、奥行き、重さ、消費電力とも同じ。

見た目もあまり変わりません。

温度調節ダイヤル付きで、
室温に応じてON・OFFするサーモスタット付きというところも同じ。

サンヨーのものは、こちらのOEMだった?
それともこちらもOEMなのかな?

というほど同じような商品でした。


しかし、購入してから約3年の今年、
早くも電源が入らなくなってしまいました。

電気製品は、当たりはずれもあるから仕方ありません。


これを購入した時は、1月だったので売り切れのお店ばかりで、
唯一在庫のあった某テレビ局の通販ショップで購入。

2014年1月に購入して、2012年製だったというのも、
関係あるのか?ないのか?


ちなみに、2年ほど前に家に遊びに来た姉が気に入って、
この電気ミニパネルヒーターを購入しましたが、
そちらは、まだ壊れることもなく、快適に使用しているそうです。


そして今回、やっぱり我が家のトイレの暖房には、これが一番。

同じものは無理としても、同じような商品はないかな、
と思って、通販で探してみたところ

まだ販売されていました。

すでに生産されていないかと思ったのですが・・・

在庫処分?と思いつつも購入。


そして、2代目となるエスケイジャパンの
電気ミニパネルヒーター SKJ-KT33Pが届きました。

届いた商品を箱から出してみると、今年2016年製。
まだ現役のようです。

本体前面には、「安全・安心の日本製」という
大きめのシールが貼られていました。(笑)


さっそくトイレに設置して、スイッチオン。

現在もトイレを暖めてくれています。

今回は、もっと長く使えると良いな・・・

⇒ SKJ-KT33P SKジャパン ミニパネルヒーター(Amazonの販売ページへ)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする