価格コムで自動車保険一括見積もりをしてみた!比較結果は?電話は来る?

2016-10-31_155816

自動車を所有していると欠かせないのが自動車保険です。

更新の時期が近づいてくると、今の自動車保険を継続するか
別の会社に乗り換えるか、比較検討する方も多いのではないで
しょうか?

そんな時に便利なのが、自動車保険一括見積もりサイト。

私もこの数年の間、いくつかの自動車保険一括見積もり
サイトを利用してきました。


そして、今年も更新日を約1ヶ月半後に控えた時に、
価格コムで一括見積もりをしてみました。

スポンサードリンク
  

価格コムで自動車保険一括見積もり

現在契約中の保険証券(新規の場合は車検証)、免許証を
準備して、必要事項を記入していきます。

価格コムの自動車保険一括見積もりは、どこの保険会社から
見積もりを取るかは、選ぶことはできません。

ただし、情報、補償内容などを記入した後、最後の入力内容
確認画面で、見積もり可能な保険会社名が出てくるので、
そこに希望の保険会社がなければ、ここで終了することもできます。

ここで終了すれば、入力した情報は送信されません。

私の場合、見積もり可能な保険会社は、
セゾン自動車火災保険、チューリッヒ、三井ダイレクト損保、
SBI損保、イーデザイン損保、ソニー損保の6社でした。


見積もりを請求すると、ほぼ同時に価格comから
「ご利用ありがとうございます」という内容のメールが
届きました。(この時の時刻 12:39)

そして、保険会社各社からも、見積もり結果のメールが
届きました。


まず届いたのが、
セゾン自動車火災保険、チューリッヒ、三井ダイレクト損保、
SBI損保です。(12:40)

そして、イーデザイン損保(16:41)

最後に、ソニー損保(翌日13:39)

しかし、メールが最後に来たソニー損保は、
「お客様のお見積りを作成することができませんでした。
誠に恐れ入りますが、弊社ウェブサイトにて再度お見積りを
お試しくださいますようお願い申し上げます。」
という内容のメールでした。

自動車保険の見積もりを比較

価格comで自動車保険一括見積もりをした結果
各損害保険会社の保険料の見積もり金額は、

セゾン自動車火災保険・・・21,690円
チューリッヒ・・・20,580円
三井ダイレクト損保・・・30,260円
SBI損保・・・25,640円
イーデザイン損保・・・27,570円


この結果だけを比較すると、

チューリッヒの保険料が一番安く、
セゾン自動車火災保険
SBI損保
イーデザイン損保
三井ダイレクト損保

という順番になっています。


しかし、ここで価格コムに限らず、自動車保険一括見積もり
サイトを利用する場合に注意しなければいけない点があります。

スポンサードリンク

それは、この見積もり結果を単純に比較することができない
ということです。


一括見積もりサイトでは、一括で条件を設定するため、
保険会社によって設定される補償金額が違ったり、特約などが
設定できないため、同一条件にならないのです。

私が契約しているセゾン自動車火災保険では、実際に継続する
場合の保険料は30,600円ですが、今回の見積もりで算出された
保険料は21,690円と、同じ保険会社でも約9,000円安い保険料と
なっています。

これも補償金額が、自分が希望する額と違ったり、特約が
付いていないため、安い保険料となっているのです。


ですから、正確に保険料を比較したいのであれば、
保険会社ごとに補償内容を修正して、見積もりを再度行う
必要があります。

ただ、その際にも一括見積もりサイトを利用した後なら
運転者や車の情報などの入力は、省略することができるので
一括見積もりサイトを利用するメリットはありますよ。


私が各保険会社ごとに、補償内容を修正して見積もりを
行った比較結果は ⇒ こちらの記事で

自動車保険一括見積もりサイト利用後、電話はくる?メールやハガキは?

自動車保険一括見積もりサイトを利用した後、
メールやハガキ、電話での勧誘があるのか気になる方も
いるかと思いますのでお伝えしておくと、

メールとハガキは送られてきます。
電話での勧誘は一度もありません。
迷惑メールが増えたという感じもありません。

ただし、これは私が数年、いくつかの自動車保険一括見積もり
サイトを利用した結果であることをご了承ください。


そして、今回価格コムの自動車保険一括見積もりサイトを
利用した後、最初に送られて来る見積もり結果のメールの他に、

メールやハガキが、どのくらい送られて来るものなのか、
気になったので数えてみました。


今回、価格comで一括見積もりを依頼してから、保険の期日
まで、約1ヶ月半あったのですが、その間に送られて来た
メールとハガキの回数は、

セゾン自動車火災保険(契約している保険会社)
 メール・・・0回  ハガキ・・・1回

チューリッヒ
 メール・・・1回  ハガキ・・・0回

三井ダイレクト損保
 メール・・・2回  ハガキ・・・1回

SBI損保
 メール・・・5回  ハガキ・・・1回

イーデザイン損保
 メール・・・4回  ハガキ・・・1回

となっていました。


私は特に気になりませんが、保険会社からのメールや
迷惑メールが増えるかも?と気になる方は、
GmailやYahoo!メールといったフリーメールを利用するのが
おすすめです。

まとめ

価格コムに限らず、自動車保険の一括見積もりサイトは
メリットもデメリットもあります。

そのメリットやデメリット、私が保険会社ごとに補償内容を
修正して行った見積もり結果の比較は、次の記事でご紹介
しますので、気になる方はご覧ください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする